防水時計の電池交換

[記事公開日]2021/06/15

 

(-_-;)

関東地方もついに梅雨入りし、これからしばらくはジメジメとした日が続きます。

湿気や水は時計にとって大敵ですが、防水時計なら安心。

・・・しかし、油断は禁物です。

製造時に防水時計として設計されていても、経年劣化という宿命からは逃げられません。

特に時計に使われているパッキンは、時間とともに弾力を失い、防水に対する効力が低下します。

防水性の低下した状態で使用し水が入ってしまうと、内部のオーバーホールやその他修理が必要となります。

交換部品が多くなると想像以上の修理金額になる事も。

 

できれば電池交換のタイミング(凡そ二年に一度程度・モデルによる)で、パッキンの交換や現状の防水性をチェックする事をお勧めします。

当社でも防水時計の電池交換の際には、外観のチェック・電池の残量の測定・消費電流値の測定・劣化したパッキンの交換・精度チェック・外装の洗浄、までをパックにして行っております。

※不具合を発見した場合には、修理のご案内をさせていただきます。

 

◎電池交換+防水検査・・・¥2,500-(税別)~

※メーカー、モデルにより異なります。概算見積り依頼フォームからお問い合わせ下さい。

◎納期・・・2週間前後のお預かり期間を頂戴しております。

※300メートル(30気圧)以上の防水時計、ISO規格のダイバーズウォッチやダイビングコンピューター、特殊モデルの電池交換、修理に関してはメーカーでの作業をご案内させていただいております。

※保証に関して:電池交換後3か月間、正常な使用(濡れた状態でリューズやボタンの操作をしない、等。他規約あり)での水入りに対してのものとなります。誤った使用方法等によるものと見なされた不具合に関しては保証の対象外となります。

 

非防水のファッション時計や、防水の保証を希望されないお客様に関しては、ご来社いただいた場合のみのサービスですが、〈最短10分・即日〉電池交換サービス(¥800~)をご提供しております。

 

〇お問い合わせは無料の概算見積り依頼フォームから、お気軽にどうぞ↓

概算見積り依頼フォーム

〇その他修理事例の紹介など↓

アナログ式腕時計 はずれた針の取り付け修理